総合健康安全センターお知らせインフルエンザする情報
2013.04.12更新

 

鳥インフルエンザに関する情報

 

 

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生について

平成25年4月3日に,WHOが中国における鳥インフルエンザA(H7N9)に感染した患者の発生を報告したことについて,厚生労働省が発表しました。現在のところ,ヒトからヒトへの感染は確認されず,また渡航の制限は推奨されていませんが,引き続き今後の情報が待たれます。
WHOは,別添している資料の通り,基本的な感染予防策を講じるよう求めています。また厚生労働省は医療機関に対して「38度以上の発熱と急性呼吸器症状を呈し,臨床的又は放射線学的に肺病変が疑われるものであり,発症前10日以内に中国に渡航又は居住していた者,ただし他の感染症によること又は他の病因が明らかな場合は除く」の場合は保健所に情報提供を行うよう指示しています。

本学教職員および学生においては,以下の点について留意いただきますようよろしくお願いします。

■以下のホームページにおける情報を確認して下さい。
・外務省:海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html
・厚生労働省:インフルエンザ対策
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/index.html


■ もし上記に該当する症状を来した患者が発生した場合は,以下の連絡先に届け出るとともに,指示に従って下さい。必要に応じて,保健所,専門医療機関と連携して対処にあたる予定です。

連絡先:総合健康安全センター 0263-37-2157

■ 患者本人には自宅待機として,電話連絡するようにお伝え下さい。

本学としては,引き続き情報収集にあたるとともに,追加情報があれば提供していく予定です。

 

↑TOP