総合健康安全センターお知らせインフルエンザ
2014.02.13更新

 

インフルエンザに関する最新情報

 

 

更新日 平成23年6月20日

 

平成23年4月1日から「新型インフルエンザ(A/H1N1)」という名称は,「インフルエンザ(H1N1)2009」となり,通常の季節性インフルエンザとして取扱い,その対策も通常のインフルエンザ対策に移行しました。

 

【新型インフルエンザ(A/H1N1)に係る季節性インフルエンザ対策への移行について】

(平成23年3月31日厚生労働大臣発表)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/20110401-01.pdf

 

これにより,学生及び教職員がインフルエンザに罹患した場合の総合健康安全センターへの報告義務は無くなりました。

 

教職員については,「主な感染症と罹患時等の就業制限基準」に基づき,インフルエンザに感染した場合,就業制限となることに変更はありません。

【基準本文】http://jimuwww2.shinshu-u.ac.jp/swd/kenkou/shugyoseigen2011.pdf

 

学生については,平成21年9月9日付け学務課長及び学生支援課長通知「学生が新型インフルエンザに感染した場合の対応について」が廃止となり,インフルエンザに感染した場合の「公欠の扱い」は本通知日以降行わないこととなりました。

 

学生の皆様へ インフルエンザ対応に関するQ&A」を改定しましたので,ご確認ください。

 

 

↑TOP