■ポリシー・規程etc

 
□知的財産ポリシー

 
□産学連携ポリシー

 
□産学連携
  利益相反ポリシー


 
□産学連携利益相反
  マネジメント規程


 
□産学連携利益相反
  セーフ・ハーバー・ルール


 □臨床研究に係る  
  利益相反ポリシー


 □臨床研究に係る 
  利益相反マネジメント規程


 □知的財産規程


 
□知的財産
   
補償細則

 □研究成果有体物
  取扱規程



■HOME

   知的財産 補償細則
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(平成17年3月31日国立大学法人信州大学細則第57号)

(趣旨)
 第1条 この細則は,国立大学法人信州大学知的財産規程(平成16年国立大学法人信州大学規程第33号)第11条の規定に基づき,登録を受ける権利を国立大学法人信州大学(以下「本法人」という。)に譲渡した発明者に対し,本法人が支払う補償金に関し必要な事項を定める。

(補償金)
 第2条 補償金の額は,別表第1のとおりとする。
  2 特許等実施実績補償金の支払いは,当該会計年度に本法人が得た収入に対して,翌年度12月末までに行う。

(所属部局への配分)
 第3条 特許等実施実績に基づき本法人が収入を得た場合は,発明者が所属する部局に別表第2に定める額を配分するものとする。
  2 補償金を受ける権利を有する発明者が2人以上あるときは,それぞれの持分により,それぞれの所属する部局へ配分するものとする。

(その他)
 第4条 発明者は,住所又は所属に変更があったときは,速やかに産学官連携推進本部に届け出なければならない。
  2 この細則に定めるもののほか,補償金に関し必要な事項は,別に定める。

附 則
  この細則は,平成17年3月31日から施行する。
附 則
  この細則は,平成22年4月1日から施行する。

発明補償別表