信州大学連携コーディネータ委嘱制度について
【目的】
 本制度は、信州大学の地域貢献を推進するために、産学官金連携を一層進展させることを目的とする。

 本制度では、金融や行政等学外の機関に所属する者の内、本学が指定する一定の条件を満たした者を「信州大学連携コーディネータ」に認定し、本学との連携活動を実施してもらう。

 本制度が期待する成果は認定コーディネータの仲介による地域企業と本学との連携の拡大であり、その結果具体的な技術相談や共同研究件数の増加に結びつくことを目指す。